El Capitan – ATI R7 360-

年末のボーナスでPHILIPSの4Kを購入したが、Radeon HD 7750にはDisplayaPortが付いてなかったので、翌日再び秋葉原へ戻ってグラボを買い足した。余計な出費を抑えたかったので、ATI Radeon R7 360を1.3万円で購入。只、OS X Yosemiteがドライバ諸々対応してなかったか、ブートローダーの知識不足だったので、セーフモードでしか起動できず暫く起動させずに放置してました。

色々、OSX86関連のフォーラムを覗いても解決策は見つからなかったので、思い切ってEl Capitanをクリーンインストールすることにした。特にオリジナルデータは作ってなかったし、問題なし。
*OS 10.10.10にアップデートしたらグラフィックドライバ問題が再燃。泣く泣くOSX86は諦めました。

-Install OS X El Capitan.app
Apple公式のインストーラー。アプリフォルダに移動。

http://www.insanelymac.com/forum/topic/307003-clover-os-x-el-capitan-usb/
より、Clover OS X El Capitan-V7.zipを使用。

Kext Wizardで書き換えたAMDRadeonX4000.kext+AMD8000Controller.kextをインストール。
各Kextに「0x665F1002」を追加する。

クラムシェルモード -OSX86-

一世代前のノートPC、或いは非RetinaのMacBookAirなどの11~12型ノートで作業していると、解像度の低さに辟易することがあると思います。WUXGA(1920×1200)表示の液晶ディスプレイが手頃な値段で買えるようになり、外部液晶をサブモニターにしている方も多いのではないでしょうか。

ただ、X202Eと24型液晶を並べてデュアルモニター環境を構築しても、サイズが倍近く異なる為か、液晶を跨ぐときの目線の移動がなかなか慣れないもので、結局、外部液晶のみに出力させた方が作業しやすかったり。 Continue Reading →

X202eにMacOSX

tonymacx86のフォーラムに情報が寄せてあったので、色々と参考にしてインストールしてみた。

現状ではUSBメモリーにブッ込んだClover EFI bootloaderを利用して、OS X(10.8.3)の起動を確認。
・LANやWiFi、サウンドドライバは未インストール
・タッチパッドが利用できない
とまぁ、問題は山積してるんですが、少しずつ詰めて行こうかと。使えるシロモノになってきたら、インストール手順を纏めてみるつもりです。