クラムシェルモード -OSX86-

一世代前のノートPC、或いは非RetinaのMacBookAirなどの11~12型ノートで作業していると、解像度の低さに辟易することがあると思います。WUXGA(1920×1200)表示の液晶ディスプレイが手頃な値段で買えるようになり、外部液晶をサブモニターにしている方も多いのではないでしょうか。

ただ、X202Eと24型液晶を並べてデュアルモニター環境を構築しても、サイズが倍近く異なる為か、液晶を跨ぐときの目線の移動がなかなか慣れないもので、結局、外部液晶のみに出力させた方が作業しやすかったり。 Continue Reading →

OSX86でマルチモニタ

メイン:Radeon HD5450 512MB  → 24″ 1980x1200px
サブ: intel HD 3000 512MB → 17″ 1280x1024px

色々ブッ込んでみたので、どれが正解か分からない。

・Extra/にExtensionsフォルダ作成、「ATI5000Injector.kext」配置
・Chameleon Wizard > Graphics > Graphics Mode [1920x1200x32] 以外オフ。
ATI 5000injectorをDLし、Kext Wizard使用で(ATI5000Injector.kext,ATI5000Controller.kext,ATIFramebuffer.kext,ATISupport.kext)インストール後、[Maintenance]のExtra,S/L/E共にパーミションとリビルド実行。

ま、夢なんで何とでも言えますな。

OSX86 -自作PCにMac OS X Lion-

CPU: intel Core i5 2500K
MB:ASRock Z68 Pro3 Gen3
RAM: Crucial 4GB x 2

HDD>>
SATA: 250GB(その辺に余ってたやつ)

BIOSでAHCIモードに切り換え、Mac OS X 10.7.3 Lion(Niresh12495Ver)インストール

起動後、MultiBeastでLAN,Soundドライバインストール。
・LANチップはRealtek RTL8111E
・SoundのチップセットはRealtek ALC892

VGAは内蔵intel HD Graphics 3000で問題なく表示を確認(1920×1200)
PCI-EにRADEON HD 5450挿さってるけど、まぁ気が向いたらマルチモニタ化を試みる。

10.7.4への正常アップデートを確認したところで夢から醒めた。
Continue Reading →