DSC-RX100(コンデジ)を買った話

DSC-RX100

センサーサイズ1インチ(13.2×8.8ミリ)を搭載したコンデジとして世に放たれてから、約3年。価格.comの売れ筋ランキングで今なおトップを走るソニーのDSC-RX100。普通のコンデジで1/1.7か1/2.3インチなので、そのセンサーサイズの大きさは圧倒的。

確かに今のスマホでも充分キレイな画像も撮れる、けど少しでも暗いとノイズが乗る。それが前から気に食わなかった。ブレるし。で目を付けたのが、3万円台で買えるコンデジ、しかも基本スペックがいいヤツ。

候補はRX100とその後継モデル(比較表)。

M2との差は、裏面照射型CMOSセンサー搭載の有無、WiFi機能の有無、チルト液晶の有無、ぐらいで価格差は約1.8万円。

1.裏面照射型CMOSセンサー
初代とM2を比較しているブログ、レビュー記事などを見て回った結果、元々のレンズが明るいから暗所でも大して変わらない。

2.WiFi機能
東芝から出ているFlashAir SDカードを使えば無問題。

3.チルト液晶
それがどうした?

このコンパクトなサイズでここまで表現できるのは凄い。

DSC00042 DSC00051 DSC00050 DSC00046 DSC00052 DSC00070 DSC00082 DSC00077

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

Post Navigation